VOL.15 教習所でみつけたダイバーシティ

運転免許を取るのは人生のほんのひとときですが、それぞれ事情を抱えた人々にとっては、どうしたら運転免許を取れるのか、人生の選択肢を広げるためにはとても大きな問題です。
東横線綱島駅から横浜に向かって鶴見川を渡る右手河川敷にある自動車学校。
さりげなく人々の日常の景色に溶け込んでいる教習風景には、実はなかなか『多様な活動』が繰り広げられています。
運転免許取得という社会の入口を多様な実践で支えている、コヤマドライビングスクール 田口校長をご当主にお迎えしてお話を伺います。

日時:11月8日(金)18:30~20:30

場所:港北公会堂2F 1号会議室

 

参加費:999円 / 大学生以下500円

ご当主:田口 治さん
    コヤマドライビングスクール横浜校 校長

          
◆保育:1000円 生後57~小学校6年生 

​◆チラシ(PDF)>>ダウンロード
 

プロフィール

田口 治(たぐち おさむ)さん 

962年生まれの現在57歳。東京都出身。
1985年に株式会社コヤマドライビングスクールに入社し、

約10年間、同社二子玉川校(世田谷区)でインストラクター

として普通自動車や自動二輪の教習を担当。
その後、本社経営企画室にて障がい者や外国人のための

免許取得プロジェクトや地域・社会貢献活動プロジェクトに参加。
また、女性が活躍できる職場作りの推進に取り組むなど、企業アイデンティティー(CI活動)を推進してきた。
2018年に同社横浜校に赴任し現在に至る。
職場(社員)はもとより、運転免許を取得されるお客様の多様性を尊重した経営を目指しています

vol14.jpg

港福一夜城​問合せ

港福城プロジェクト TEAM SASUKE

(NPO法人びーのびーの企画室内) 

045-877-2156

e-mail

kikaku★bi-no.org
​★を@にしてください

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now